講師紹介

主な講師紹介
(総勢約30名の講師陣)

貝塚 誠一郎

貝塚 誠一郎

貝塚ケアサービス研究所 代表

1989年、横浜市内の社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームの介護職員としてキャリアをスタートさせる。
その後、デイサービス・訪問介護などを経て、2001年よりNPO法人を母体とするグループに所属し専務理事・取締役として従事する。
グループホーム・デイサービス・有料老人ホーム等の開設・運営や職員採用・教育に携わる。並行して執筆や他事業所の運営指導・事業所開設支援にあたる。この間、面接した人数は3,000名を超える。

伊藤 亜記

伊藤 亜記

ねこの手 代表取締役

短大卒業後、出版会社へ入社。祖父母の介護と看取りの経験を機に、社会人入学にて福祉の勉強を始める。
1998年、介護福祉士を取得。老人保険施設で介護職を経験し、ケアハウスで介護相談員兼施設長代行を務める。
その後、大手介護関連会社の支店長を経て、「ねこの手」を設立。
現在は、旅行介助サービスや国内外の介護施設見学ツアーの企画、介護相談、介護冊子制作、介護雑誌の監修や本の出筆、セミナー講師、TVコメンテーター、介護事業所の運営・営業サポートなど、精力的に活躍する。

小濱 道博

小濱 道博

小濱介護経営事務所 代表

日本全国の事業所等で介護経営支援を手がけている。
介護事業経営セミナーの講師実績は、北海道から沖縄まで全国で年間250件以上。2021年も延べ20,000人以上の介護事業者を動員した。
また、事業所のみならず全国の介護保険課、各協会、社会福祉協議会、介護労働安定センター等の主催講演会での講師実績も多数ある。

小谷 洋子

小谷 洋子

カーサプラチナみなとみらい
看護主任

都立病院など病院勤務後、2003年から介護施設の看護師となる。
特養、有料老人ホーム、訪問看護ステーションの立ち上げを行い、主任看護師業務を行う。
現在、有料老人ホーム主任看護師を勤める傍ら、立ち上げや業務立案改善の経験を活かし、施設看護の業務改善のアドバイザーや施設研修やセミナー講師も行っている。
福祉の看護師のやりがいを伝え、介護と看護の働きやすい業務を目指して活動する。施設看護師の役割、認知症ケア、看取りケアのセミナーを行う。

峯尾 武巳

峯尾 武巳

介護の会まつなみ 理事長

身体障害者療護施設、知的障害児施設、特別養護老人ホームの勤務を経て、2003年から2018年まで神奈川県立保健福祉大学にて介護福祉学を専門に教鞭を執った。
介護支援専門員の養成には、制度開始前から指導者という立場で携わっている。
その他、埼玉・東京・神奈川を中心に法定研修等をはじめ、埼玉県認知症ケア技術向上事業の講師・チームアドバイザーなど数多くの研修会講師も勤め、多方面で活躍をしている。

佐藤 真基子

佐藤 真基子

介護福祉士国家試験対策事業 /
介護福祉科非常勤講師

実務経験を5年、介護福祉士養成教員を12年経験。
現在は全国の介護職員、EPA職員を対象に国家試験対策事業を展開している。
主に介護福祉士の養成に尽力しており、養成校での授業、施設研修・セミナー講師を務めるなど、介護・福祉・教育に関する活動を行っている。
保有資格は介護福祉士のみならず、介護専任教員やレクリエーションインストラクター、住環境コーディネーターをはじめ多くの介護資格を取得している。

熊谷 崇

熊谷 崇

介護福祉士国家試験対策事業 講師

介護福祉士資格を取得後、特別養護老人ホームに勤務する傍ら夜間の福祉系大学院に進学。
大学院修了後は実務経験を経て、介護福祉士養成校にて10年間教員として勤務。教員時代は、主に人間の尊厳と自立、社会の理解、生活支援技術、総合演習などの科目を担当。
国家試験対策でも中核を担い、要点を絞った授業はもちろん、受験に向けたスケジュール管理やモチベーション維持への支援、オンラインを駆使した学習環境も構築をしてきた。
年代や国籍が違う生徒が多い中、一人ひとりに寄り添った個別学習支援で合格にむけたサポートを行っている。

羽吹 さゆり

羽吹 さゆり

⽻吹デザイン事務所 介護事業部
アモールファティ代表

法政大学社会学部卒業。第一火災海上保険相互会社を結婚退職後、友人の勧めで介護業界に入る。
介護福祉士、介護支援専門員として在宅、施設での現場経験後、事業所OJT研修講師を経験。
その後、学校法人日本医療大学(旧つしま記念学園)訪問介護員養成講座の専任教員として、全力で育成に力を注ぐ。
2014年に学校を退職後、教員仲間達の協力のもと、アモールファティを起業。自身も要介護5の寝たきりの母、夫、長女と在宅生活をしながら、日本全国の在宅系・施設系介護事業者や、行政・上場企業の職員に向けてセミナーを行っている。

中澤 巧

中澤 巧

薬剤師

昭和薬科大学卒。薬剤師。財団法人日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師も勤める。
医療機関での臨床業務に従事する傍ら、医療・介護従事者、要介護者の家族などを対象とした「くすりのセミナー」の講師を担当する。
また、未来の医療人育成のため、薬科大学や医療機関における薬学教育に携わるとともに、看護師・臨床工学技士などを送り出す医療系専門学校の教壇に立つ。
そのほか、某私立学校の学校薬剤師、医療情報における薬学監修など、活動は多岐にわたる。

川﨑 正仁

川﨑 正仁

医療法人社団カワサキ
歯科川﨑医院 院長

1989年日本歯科大学卒業。1993年「歯科川﨑医院」開業。2016年医療法人社団カワサキ設立。
地域包括ケア活動にも携わり、地域医療や介護に関する多様な悩みに他職種の専門家と連携して対応している。
神奈川県の未病産業研究会にも参加し、予防対策にも取り組むなど「人々の生活をより良くする」という目標実現のもと幅広く活躍する。
自身が設立する医療法人社団カワサキでは、食のプロである管理栄養士を迎え入れ、高齢である患者さんへの特定保健指導のほか地域貢献という役割も担っている。

奥山 光子

奥山 光子

医療法人社団 カワサキ
歯科川﨑医院 訪問歯科部長

1995年日本歯科大学卒業。
訪問診療のチームリーダーとして、各家庭の状況に合わせたきめ細やかなケアはもちろん、通院困難な患者さまのための訪問診療において、医師・看護師・管理栄養士・介護職など他職種の専門家と連携し日々口腔ケアに努めている。後進育成にも力を注いでいる。

田中 義行

田中 義行

大起エンゼルヘルプ
介護事業部 部長補佐 /
理学療法士

上川病院勤務、江戸川医療専門学校(現東京リハビリテーション専門学校)講師、介護老人保健施設港南あおぞら勤務を経て、現職に至る。
通常の介護業務に加えて、介護技術、腰痛予防、拘縮予防改善ケア、認知症ケア、機能訓練指導員のスキル向上を中心に活動している。
研修会や現場に直接出向いての直接指導はもちろん、オンラインも含め幅広く活動を行っている。
認知症患者の身体拘束廃止活動を原点とし、障害者の身体構造・生理にかなったわかりやすい介護技術、拘縮を防ぐ介護技術を全国の研修会、講演会で伝えている。

中田 光彦

中田 光彦

社会福祉士 / 介護福祉士 /
介護支援専門員

淑徳大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。横浜市介護認定審査会委員、東京家政学院大学 非常勤講師。
横浜市で特別養護老人ホームの生活相談員として約8年間勤務。入居者100人一人ひとりにやりたい事を聞き、個別の希望を実践した。
その後、鎌倉市社会福祉協議会 登録ホームヘルパーに約30年間在籍し、2020年に退職。
現在は、講演・職員研修・介護教室・相談など多くの教育機関や研修で講師を務める傍ら、在宅や施設の入居者と海水浴・そり・温泉宿泊体験などを実施、ラジオ・テレビ・ドラマの介護監修、雑誌連載や新聞・書籍の執筆活動と活動が多岐に渡る。

吉田 聡

吉田 聡

介護支援専門員 / 介護福祉士 /
認知症ケア専門士

中央大学商学部経営学科卒業。介護YouTuber、介護TikToker。チャンネル登録者2,000名を超えるYouTubeチャンネルで日々熱弁中!
国内独立系最大手、世界初の株式上場を果たした経営コンサルティングファーム船井総合研究所の元経営コンサルタント。2008年より経営コンサルタントとして介護業界に携わり、自ら介護の世界を変えるために2012年に独立。
現在ではお客様を元気にする介護を日々実践し、世界中から介護される人をゼロにするために活動している。

北田 信一

北田 信一

看護師 / 介護支援専門員

都立大塚看護専門学校卒。精神科病院看護師長、看護専門学校専任教員、介護福祉士養成施設専任教員(教務課長)を経て現在、認知症対応型グループホームPAO経堂、デイサービスPAOすがもを運営、また訪問介護ステーション New Stepでは訪問看護にも携わっている。
教員時代より日本社会事業大学介護技術講習会主任指導者を務めるなど、介護技術教育にかかわる。現在も介護職員実務者研修をはじめ、多くの研修で講師を務める。
著書に「目で見てわかる最新介護術」「目で見てわかる介護記録の書き方」(いずれも成美堂出版) などがある。

安西 則昭

安西 則昭

全国総合福祉車両協議会
福祉車両インストラクター

一般社団法人全国総合福祉車両協議会の福祉車両インストラクター。千葉石油株式会社の取締役・営業部長も務め、健康福祉事業部で介護保険指定事業者として「あんしん車いす」を運営。
福祉用具貸与販売、高度管理医療機器販 売貸与のほか、福祉車両販売メンテナンスを行い、その管理台数は400台超。福祉用具専門相談員、車いす座位コンサルタント、認知症ケア指導管理士、認知症キャラバン講師、認知症介助士、上級応急手当普及員、階段昇降機安全指導員、福住環境コーディネーターなどの資格を有する。
国土交通大臣認定「福祉有償運送運転者講習」講師。

梅本 正行

梅本 正行

日本防犯学校 学長 /
防犯ジャーナリスト

1964年からセキュリティ事業に参入し、警察署での署員特別教養講師や犯人逮捕への協力など、警察からの感謝状は400枚を越える。
侵入犯罪の現場には極力足を運び、犯罪現場の環境や犯行手口など、事件の内容を検証。その数は8,000件を越え、今もなお増え続ける。
防犯ジャーナリストとして、犯罪者心理を知り尽くしたプロの目で、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等で予知防犯対策を提唱。行政・自治体・民間企業等でのセミナーや講演も多く、人情味あふれる独特のキャラクターで予知防犯対策の重要性と人の命の尊さを呼びかけている。

桜井 礼子

桜井 礼子

日本防犯学校 副学長 /
防犯アナリスト

『日本初の女性防犯アナリスト』として防犯界の第一人者、予知防犯提唱者の梅本正行氏に13年間師事し、事件現場の検証と取材に携わる。
女性・母親・高齢者の親を持つ立場で皆様と同じ目線に立ち、自分自身で出来る防犯対策を始め、子供と高齢者・女性を守る防犯対策を分かりやすく解説。
子育て経験者としての目線で、弱者を犯罪被害から守る予知防犯を提唱する活動を展開している。

ジョブメドレーアカデミーなら

お気軽にお問い合わせください

0120-279-456受付時間 平日9:30〜18:00